日本人の体臭不足解消に。
ホーム > 現金化 > 現金化してもクレジットカードの金利も把握しておこう

現金化してもクレジットカードの金利も把握しておこう

現金が必要になればどうするか色々と悩むと思いますが、方法の一つとしてクレジットカードの現金化があります。クレジットカードの利用残高があれば、現金化することが出来ます。 

借金とくらべると手軽で総量規制に関する心配もいりません。ただ、残高をそのまま現金化できるというわけではなく手数料が掛かってきますし、その分は月々の支払をしなければいけないということは把握しておきましょう。

 

まずクレジットカード現金化における業者への支払はありません。手数料として差し引かれているので、それで支払った分になります。また、この手数料については還元率や換金率で計算されていますので、間違いがないように自分でも計算しておくとトラブルを避けられます。

 おすすめ業者口コミ:ビックギフト口コミ

また、クレジットカードの現金化というのはショッピング枠を利用するので、その分はもちろん返済義務が生じます。返済することについて金利も関わってきますが、手数料も取られる上に金利でさらに余計なお金を支払わないといけないことになります。

ですが、クレジットカードの場合は一般的に2回までは金利がつかないのでその間に払い終わるのが理想です。

また、どうしてもすぐすぐ払えないという場合は複数回であっても中途返済を組み合わせて返済するといいでしょう。

クレジットカードを現金化する際に還元率がいくら高くても金利が発生すればマイナスです。極端に言えば100%の還元率でもマイナスだということを覚えておきましょう。